スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ブレードランナー2049【感想】

※ネタバレあり。
※解釈の違いや間違いによる感想の違い、意見の食い違いはしょうがないということで。

さて、ブレードランナー2049。
今更ながら前作というか、まあブレードランナーをレンタルで観た後に観に行きまして。
あ、字幕2Dです。
いやあ、近所にIMAX上映できる映画館がなかなかないもので、本当ならあの映像はもっとキレイで大きいスクリーンが良いんじゃないかなと。
見る前の評判からは、やはりとういか、「こんなのブレードランナーじゃない!」とか「長すぎ!退屈!」とか「アメリカでもコケてる!」とか、まああまり良い声は多くもなく。
というか褒めてる人のレビューとかってネタバレ含むから見るに見れない。
で、コレ書く前、もちろん観た後にちょいちょいネタバレを含む褒めてる意見を目にしてみたんですが、一部だけですがそこそこ共感できるものがある。
でまあ先に結論を言えば、私はこのブレードランナー2049、大満足でした。
たしかに長い気はしますが、じゃあいらないカット、間、描写はありましたかというと、私はすべてが必要なものばかりに感じました。
特にKの生活であったり表情のアップであったり、なにより背を向けるカットの哀愁や悲壮という言葉だけでは片付けられない、ライアン・ゴズリングにしか出せないだろうっていうあの感じ。
無表情に見えて目の奥が悲しみとか虚しさとか、ネガティブなものがごっちゃになってるようなあの感じ。
デッカードのように静かに何も考えてないようなブレードランナーとは違い、彼は非常に忠実で、私としてはデッカード以上に優秀なブレードランナーだと思いました。
まあそれは当然なんですけどね。
なぜなら彼もまた、レプリカントだから。
デッカードは言っちゃえば逃亡奴隷狩りなわけで、Kには更に相手は同胞という事実まで乗っかる。
それでも彼は忠実に任務をこなす。
共通点とすれば、あんまやる気ない部分か。
ただ忠実に任務こなしてるのに上司に小言言われたりしてかわいそうなんですけどね、Kは。
そんな彼が一人のレプリカントを“解任”したために、ある大きな、そして重大な事実と、彼という存在の意義が次第に明るみになっていく。
彼は劇中にすべてを失ってしまいます。
実は気を許しあえていたかもしれない上司。
本当はただのプログラムだけど、本当に愛し合えていたかもしれない恋人。
本当は自分が“本物”なのではないかという、自らの存在意義の証明になったかもしれない記憶への期待。
ここまで来たら書いてもいいよね?

※ココから下は重大なネタバレになります!

いいね?









彼はデッカードとレイチェルの間に生まれた、生まれるはずのない奇跡の子……の、影武者的存在であった。
流石にじゃあ誰が本物なのかは書きませんが、別段意外な人物ではないです。
そして彼は、自分が“本物”なのではないかという期待と不安を抱きつつ捜査を始めるわけです。
そして事実を知り、すべてを失った彼は……なんかここでいきなり映画のテイストが変わります。
言うなれば「マッドジョー~怒りのブレードランナーK~」って感じ。
そう言えばKってトム・ハーディでもいけそうな感じするけど、ライアン・ゴズリングのほうがなんとなくハリソン・フォードの息子かもみたいな演出されると「あ、そうかも」って思う気がする。
あ、いや、トム・ハーディじゃ暴力性と悲哀が強すぎるか。
まあともかく彼はなんやかんやあって、同じくなんやかんやあったデッカードを救出して、我が子と対面させてから息を引き取ったのか取らなかったのか。

それでですね、具体的に何が良かったのかというと、ものすごい描写であったり表情の演技であったり、間の作り方であったりが丁寧で、人によっては観ていて退屈かもしれませんが、やっぱり最初の半分がものすごく丁寧なお陰で、第二幕後半から三幕でものすごい上がるんですよ。
「マッドジョー~怒りのブレードランナーK~」ですよ。
そしてストーリーとしてもかなり来る物がありました。
報われない“モノ”が最後の一瞬、微かなものかもしれないけど、ようやく手に入れたのかもしれない“本物”のレゾンデートル。
他者や外部から与えられるものではなく、自らが見出した確かな“本物”を、彼は手にしたんじゃないかと思います。
というかそう思いたいです。

で、もちろん不満というか、惜しいんじゃないかって点もありますよ。
まずはデザイン感ですよね。
前作のようなゴミゴミしたアジアンな感じだったりって部分は割りと整然となって見やすくなった反面、ディテールで楽しめるような感じではなくなったのが残念。
まあCG技術であったりが発展して、よく出来ていればいるほど、実在感であったりが希薄になるのは致し方ないんでしょうかね。
あと街の感じと周辺の空気感の違いが露骨に差が出るはずの、荒野と街の境目をなぜ描写しないんだと。
そういった部分の境、向こう側は賑やかだけど、一つ路地に入れば人の気配が急になくなって、何か良からぬものの視線だけがあるみたいなのは欲しかったなあ。
とにかく妖しさとか艶かしさは前作からだいぶ薄れているように思えます。
あとはハリソン・フォードのガタイが良いのは賛否分かれそうですが、個人的にはもっとだらしない方が良かったかなあ?
あとあんまりジャレット・レトが魅力的に感じない。あいつだけなんか別の映画から引っ張り出したみたいな感じ。
悪役であったりという部分において狂気性であったりエゴの押し付けであったり、もっと正しい嫌な奴になってくれたら良かったのに。
何あのただの神様になりたい系のテンプレ宗教グルな悪役。
アレのせいで相当全体の魅力が落ちてる。
あと音がどうも可もなく不可もなしって感じで、ここもどうにも脚本や映像描写に比べて魅力に欠けている。

ただ不満点も探せば出て来るし、長いは長いけど、個人的にはブレードランナーの続編というリドリー・スコット含め誰がどう撮っても叩かれて当然とも言える作品を、あの語り口でよくこのクオリティで3時間以内におさめられたなと思います。
あの感じって下手したら連続ドラマなら2クールぐらいかけてもおかしくないと思う。

とにかく観る価値は絶対にある作品だと思います。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


映画レビューランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

  ※注意※

たばこ警告表示より。
・喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります。疫学的な推計によると、喫煙者は肺がんにより死亡する危険性が非喫煙者に比べて約2倍から4倍高くなります。
・喫煙は、あなたにとって心筋梗塞の危険性を高めます。疫学的な推計によると、喫煙者は心筋梗塞により死亡する危険性が非喫煙者に比べて約1.7倍高くなります。
・喫煙は、あなたにとって脳卒中の危険性を高めます。疫学的な推計によると、喫煙者は脳卒中により死亡する危険性が非喫煙者に比べて約1.7倍高くなります。
・喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます。
・妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。疫学的な推計によると、たばこを吸う妊婦は、吸わない妊婦に比べ、低出生体重の危険性が約2倍、早産の危険性が約3倍高くなります。
・たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします。喫煙の際には、周りの人の迷惑にならないように注意しましょう。
・人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます。
・未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。

またVapeに関しても、ニコチン入りリキッドの使用の有無に関わらず、健康への懸念や公共の福祉の観点から、未成年や妊産婦の不使用並びに、使用の際は喫煙所など他人に迷惑のかからない場所での使用を推奨致します。

プロフィール

まるうさぎ

Author:まるうさぎ
電子タバコ(Vape)吸ってる。
映画観てる。
太ってる。

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

Amazon

楽天

iSMOKE

SMOOTHV!P

healthcabin

VAPONAVI

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。