【映画】アトミック・ブロンド【感想】

アトミック・ブロンド観てきました。
まあ冷戦末期の感じはリアルタイムでは知りませんが、映画とかであのピリ付いた感じは何となく理解はしているつもり。
でもあのポスターでシャーリズ・セロンがドカンと麗しカッコよかったらさ、そんな最中の話とはいえスタイリッシュなアクションで暴漢共をボコボコにする映画だと思うじゃん?
なんか宣伝でもそんな感じしたじゃん?
オープニングシークエンスの後、ボロボロのアザと傷だらけのシャーリズ・セロン。顔に青タンまで出来てる始末。
これ見てもう「あ、そういうんじゃないんだ」って分かる。
そらジョン・ウィックのデヴィッド・リーチ監督作だからそんなもんじゃないのは分かりそうなもんだけど、でもこんなミスリードみたいな宣伝せんでもいいじゃにゃいか。

この作品の良さは何と言ってもアンチ・アンチハードボイルドなシャーリーズ・セロン演じるロレーン・ブロートン。
彼女のハードボイルドな魅力が重みと現実感のあるアクションシーンに深みを持たせている。
特に彼女のアクションは痛みを伴いながら文字通り必死で女が大柄で屈強な男を殴り蹴り撃つ。
そんなアクションの裏で流れるのが80’sの、今の私達からしたら古い音楽がその時代のその時の音楽なわけで、そして最後には90年に現れたサンプリングという新しいポップミュージックの可能性。
そういった過去のものが今のものに変わっていく瞬間の映画が、このアトミック・ブロンドなのだと思います。
どういうことかと言いますと、制作側は確実に「本物の闘う女性はこうやって闘うんだ!」っていう新しいアクションへの扉を開こうというのがいたるところで垣間見える。
例えば車内でのヒールを使った格闘であったり、体格の差を道具や待ち伏せ、その地形というか物の位置とかを最大限に駆使して闘う。
そしてそれをまたこなすシャーリーズ・セロン。
美しい!カッコイイ!
かなりセクシーなシーンがありますが、闘いの最中スカートであっても彼女はパンチラさせないんですよ。
準備段階では下着姿どころか、鏡の前で全裸のシーンもあります。
でも戦闘ではそんなもの見せないんです。アクションで魅せるんです。
二重スパイのマカヴォイ?スチュワート?あ、マカヴォイね。ジェームズ・マカヴォイ演じるパーシヴァル。
ヤツの新時代感のあるスパイをことごとくあしらうあの感じ。
女性版ボンドなるほどといった感じです。
あとね、ソフィア・ブテラが可愛かった。
フランスの新米諜報員。
あぁ、思い出せなくてWiki見ちゃったよ。ラサールだ。
ロレーンとラサールのレズセックスがもうどんなレズものアダルトビデオよりセクシーで愛を感じて、一時の幸福な時間感があって、まあ最終的に彼女死んじゃうんですけど、その時の悲しい感じがまあね。
正直コレに文句つけるならLGBTそのものを映画の表現から消し去らないといけないぐらいですよ。

でまあ音楽にアクションにと魅力あふれるアトミック・ブロンドなんですが、やっぱりストーリーテリングは今の潮流に沿った作りのほうが良かったんじゃないかなあと思います。
というのもこの話、MI6への報告としての回想録みたいな感じで話が進むんです。こういうのなんていうんでしたっけ?
まあその手法があの冷戦末期の感じとマッチはしているのですが、それで話の流れの追いかけがノイズになって、せっかくの魅力たっぷりなアクションが邪魔になっちゃうんですよね。
「え?いまどういうことで此処に居るの?」みたいなのがあると、純然にシャーリーズ・セロンの格闘が楽しめないんですよ。
まあだからってなんでもかんでもキングスマンみたいな単純明快なのはそれはそれで脚本と合わないとは思いますが。
ミスマッチな感じを楽しむべきと言えばそれまでですが、個人的にはもうちょい話の流れ掴んで観たかったなあ。
それともこれ私が馬鹿なせい?

まあでもこれ正直新時代の女性のアクションムービーの金字塔に成り得る一本だと思いました。
シャーリーズ・セロン、マッドマックスでもそうでしたが、彼女の人間的アクション。
こんな闘い方のできる女優が今後増えるんでしょうね。
期待に胸が高鳴る。
本当にジョン・ウィック好きなのも大概にしろとは自分でも思いますが、あの世界観でデヴィッド・リーチ監督シャーリーズ・セロン主演で殺し屋の話やってくれねえかなと思いました。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


映画レビューランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

  ※注意※

たばこ警告表示より。
・喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります。疫学的な推計によると、喫煙者は肺がんにより死亡する危険性が非喫煙者に比べて約2倍から4倍高くなります。
・喫煙は、あなたにとって心筋梗塞の危険性を高めます。疫学的な推計によると、喫煙者は心筋梗塞により死亡する危険性が非喫煙者に比べて約1.7倍高くなります。
・喫煙は、あなたにとって脳卒中の危険性を高めます。疫学的な推計によると、喫煙者は脳卒中により死亡する危険性が非喫煙者に比べて約1.7倍高くなります。
・喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます。
・妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。疫学的な推計によると、たばこを吸う妊婦は、吸わない妊婦に比べ、低出生体重の危険性が約2倍、早産の危険性が約3倍高くなります。
・たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします。喫煙の際には、周りの人の迷惑にならないように注意しましょう。
・人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます。
・未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。

またVapeに関しても、ニコチン入りリキッドの使用の有無に関わらず、健康への懸念や公共の福祉の観点から、未成年や妊産婦の不使用並びに、使用の際は喫煙所など他人に迷惑のかからない場所での使用を推奨致します。

プロフィール

まるうさぎ

Author:まるうさぎ
電子タバコ(Vape)吸ってる。
映画観てる。
太ってる。

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

Amazon

楽天

iSMOKE

SMOOTHV!P

healthcabin