【Vape】米国での電子タバコの販売禁止(規制?)について【駄話】

先に断っておきますが禁止になるわけじゃないよとか、そういうことには言及しません。
あとコレの主な理由は未成年への拡大防止のようですね。

ただ気になる部分がありまして、Yahooの記事だったと思いますが、明らかに普通のタバコよりも害があるということが言われているという風なことが書かれていました。
確かにそうなんですよ。
しかし日本ではVapeはホルムアルデヒドの発生が報告されたという点で注意が促される程度。
加熱による原液成分の化学変化でホルムアルデヒドが発生したのではないかと言われていますが、まだ研究段階。
本当に研究なんかするのかね?
ちゃんとVapeによる健康被害に関して研究したものもあります。
ジョンズホプキンズ大学の研究により、Vapeには他のタバコとは違い、有害な金属が含まれていることがわかっています。
おそらくはコイルやアトマイザーに含まれる金属がリキッドに溶け出ているのではないかということです。
去年のGigazineの記事なので、もしかしたら反証があるかもしれませんが、今の所私はそれを確認していないので、この記事は一応信じています。
なので、Vapeは有害な重金属成分を含んでいるので、呼吸器系疾患、神経疾患の原因となり得ると言っていいと考えます。
ちなみに最近の電子タバコユーザーの肺疾患での死亡事例はどうもTHCが関連しているのではないかと見られているそうです。

一人のユーザーとして、米国でのこの判断は一部正しいと思います。
出来る限り未成年の手に行かず、目に届かず、耳に入らずが良い。
電子タバコは決して「無害ではない」のです。
健康を害する危険のある嗜好品です。
だからやめられるならやめたほうが良いし、吸うなら喫煙スペース以外で吸わないでおこうね。
必要とされるのは大人としての判断です。


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
↑やる気スイッチ


電子たばこランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

  ※注意※

たばこ警告表示より。
・喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります。疫学的な推計によると、喫煙者は肺がんにより死亡する危険性が非喫煙者に比べて約2倍から4倍高くなります。
・喫煙は、あなたにとって心筋梗塞の危険性を高めます。疫学的な推計によると、喫煙者は心筋梗塞により死亡する危険性が非喫煙者に比べて約1.7倍高くなります。
・喫煙は、あなたにとって脳卒中の危険性を高めます。疫学的な推計によると、喫煙者は脳卒中により死亡する危険性が非喫煙者に比べて約1.7倍高くなります。
・喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます。
・妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。疫学的な推計によると、たばこを吸う妊婦は、吸わない妊婦に比べ、低出生体重の危険性が約2倍、早産の危険性が約3倍高くなります。
・たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします。喫煙の際には、周りの人の迷惑にならないように注意しましょう。
・人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます。
・未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。

またVapeに関しても、ニコチン入りリキッドの使用の有無に関わらず、健康への懸念や公共の福祉の観点から、未成年や妊産婦の不使用並びに、使用の際は喫煙所など他人に迷惑のかからない場所での使用を推奨致します。

プロフィール

まるうさぎ

Author:まるうさぎ
電子タバコ(Vape)吸ってる。
映画観てる。
太ってる。

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

Amazon

楽天

欲しい物